川崎市宮前区・高津区・横浜市港北区の訪問診療 川崎ヒューマンクリニック

Q&A

訪問診療と往診の違いは何ですか?

訪問診療は、月2回定期的に、医師が自宅へ伺い診療することを言います。お元気な時にも診療し、環境調整や疾病予防に努めます。当院の診療時間内に訪問いたします。
往診は、臨時で具合の悪いとき等、必要な際に自宅へ伺い診察する診療のことを言います。当院は在宅療養支援診療所の認可を受けており、定期的な訪問診療を行っている患者様に対してのみ、24時間365日の往診対応を行います。

在宅療養支援診療所とは何ですか?

患者様が住み慣れた地域で安心して療養生活を遅れるよう、患者様の求めに応じ24時間往診が可能な体制を確保し、緊急時に直ちに入院できる病院を確保するなど、在宅療養を支える診療所のことを言います。当院はその中で、一定数以上の在宅看取り数や緊急往診実績を満たした「機能強化型」在宅療養支援診療所の認可を受けています。

訪問診療にかかる費用は?

【1】定期的に訪問した場合の診療費(訪問診療)

あらかじめ計画を立て1ヵ月に2回訪問診療を受ける場所がご自宅の場合

あらかじめ計画を立て1ヵ月に2回訪問診療を受ける場所がグループホーム・有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅で複数名の場合

【2】患者様からの求めに応じ訪問した場合の診療費(往診)

*往診とは、患者様、ご家族からの要請で予定以外で訪問診療することをいいます。このため、上記【1】の計画的実施される1ヶ月の訪問診療費に加え、往診を行った回数分費用が加算されます。

往診の負担の割合

*夜間、休日、深夜の往診には加算がつきます。
*往診の際にかかるお薬・検査・処置・注射は別途費用が必要です。
*往診に要した交通費は患者様・ご家族様が別途負担することになります。



【3】看護師が訪問した場合の費用(訪問看護)

*訪問看護は、基本的に「医療保険」「介護保険」のいずれかを利用して提供することとなります。

医療保険と介護保険の説明

■医療保険を利用する場合

医療保険を利用する場合

*夜間、休日、深夜の往診には加算がつきます。
*往診の際にかかるお薬・検査・処置・注射は別途費用が必要です。
*往診に要した交通費は患者様・ご家族様が別途負担することになります。


■介護保険を利用する場合

介護保険を利用する場合


【4】1ヶ月にかかる医療費の上限額について

■70才未満の方

70才未満の方

■70才以上の方

70才以上の方

高額療養費は暦月(1日~末日)ごとに計算されるため、月をまたいだ場合は、それぞれの月ごとの計算となります。例えば3月5日から在宅診療が開始され、翌月の4月15日まで受けたケースの場合は、3月、4月それぞれで計算して自己負担限度額を上回らないと請求することが出来ません。
高額療養費は同じ医療機関に支払った額が対象となるため、例えば一般世帯の場合、同じ家族の1人がA病院で6万円を支払い、B医院に4万円を支払った場合は対象となりません。在宅医療を受けている人は、専門医療機関と並行で診療が行なわれる場合がありますのでご注意下さい。
同じ健康保険に加入している家族間で、同じ月に2人(2件)以上の公的保険での自己負担額が、それぞれ21,000円以上ある場合は、それらを合算して自己負担限度額が超えると請求できます。合算の場合は、2人とも同じ医療機関に受診していないといけないとことはございません。ただし、あくまで21,000円以上という額は同一医療機関でなければなりません。

img
まずは、どんなことでもご相談ください。

外来予約・訪問診療はこちら

  • 044-870-7150
  • 044-854-5578

〒216-0007 川崎市宮前区小台1丁目17-3Saginuma Dento Hills 101
受付時間 9:00~18:00 休診日:土日祝・年末年始